仏壇の掃除はプロに依頼

霊園

長年の汚れを取り輝きを取り戻す

大掃除などで仏壇掃除をするご家庭は多いでしょう。ただ仏壇には細かな装飾があり、塗り加工などもとても繊細なため、素人が手を触れると傷つけてしまったりする場合もあります。仏壇掃除の基本は、やわらかい綿の手袋をして、きれいなクロスで乾拭きをすることです。特に金仏壇は、金に漆を塗って金箔を貼っていますので、きれいにするつもりで触れてしまうと金箔がはがれてしまうことにもなりかねません。金箔には絶対に触らないこと、漆の部分は水拭きをしないことが大切で、荒くない専用のクロスでそっとなでる程度の掃除にしておくほうが賢明です。位牌なども傷がつきやいすいので専用のクロスを使って拭い、指紋がつきやすいので手袋をしてそれを防ぎます。ほこりを払うときは市販の掃除道具ではなく、書道で使う筆や毛ばたきを使って丁寧に取り除くとよいでしょう。線香立ては一番汚れやすい部分ですが、灰の中に燃え残りの線香があるので割りばしなどで取り、灰ふるいにかけるか茶こしでふるってきれいにします。それでも長年使っていると自分ではなかなか取れない汚れがついてしまいますので、ある程度年月の経った仏壇掃除はプロに依頼するとよいでしょう。プロなら線香やロウソクのススをきれいに洗浄し、金箔の剥がれなどがあれば修復もしてくれます。気づかないうちに漆の艶がなくなってくすんできていることも多いので、艶出してもらうと見違えるような美しさになります。簡単な拭き掃除は毎日おこなうのがよいですが、正月や盆、彼岸の時期にあわせてプロの仏壇掃除で整えると、美しいまま代々受け継ぐことができるでしょう。