霊園

仏壇の掃除はプロに依頼

仏壇掃除は、素人が不用意に触ると装飾が壊れたり、金箔や漆がいたんだりしてしまう恐れがあるため、注意が必要です。普段は毎日毛ばたきなどでほこりを拭う程度にして、節目節目でプロの仏壇掃除を頼むとよいでしょう。
墓花

購入を検討する場合

供養の方法は様々です。必ずしも墓石がなければいけないというわけではありません。デザインも色々選択をすることができるので、必要だと判断をしたのであれば、どういうものが好ましいのか情報収集を行ってみるとよいでしょう。
お参り

様々な角度から情報を知る

ここでは、東京におけるお墓を建てる場所を選ぶ時のチェックポイント等を記述してきました。ここ東京ならではのチェックポイントや一つの視点からではなく多角的に条件を確認する事の重要性を合わせて記述しています。
線香

人気のエリア

東京都内でお墓の購入を検討しているのであれば、霊園がよいでしょう。菩提寺がなくても購入をすることができるようになっているので便利です。また天候に左右されない、納骨堂を選択するのもよいですし、駅に近いというメリットもあります。
お参り

遠く離れた檀家と寺院

先祖のお墓を寺院側で管理してくれるので高度経済成長以後、多くの檀家が東京など首都圏へ利便性求めて引越しました。ところが、付き合い希薄化が社会を覆うようになると檀家と寺院側の関係も同様になり、故郷のお墓を訪れる機会が減ってしまいました。

お寺に支払うお布施とは

墓参り

総合的にかかるお金

遠方に住んでいてなかなかお墓参りに行くことができなかったり、墓を管理していた人が亡くなり、誰も管理することができなくなってしまった場合には、墓じまいを考える必要があります。そのまま放置していてもお墓は荒れ果ててしまい、また、維持費のみがかかってきてしまうからです。どうしてもやむを得ない場合には、墓じまいをすることを考え始める事が必要なのです。さて、気になる墓じまいの方法と費用についてですが、順を追って説明することにします。まず必要な手続きについてですが、お墓のある霊園や墓地に対し、墓じまいをしたい旨を伝えておく必要があります。近頃はそういった要望が多いことから、利用者の意向を受けて手続きを進めてくれるところがほとんどです。必要な書類は、改装証明書や授乳証明書を市町村の役所で発行してもらうことです。これらはお墓の場所を移したり、新たに別のところでお墓を設置したりする時に必要です。さて、最終的にお墓を畳んでしまう時には、閉眼供養をお坊さんに依頼します。これは、お墓から魂を抜く作法の一つで、墓じまいに必要になります。閉眼供養をする際には、お布施という形で費用がかかってきます。お坊さんへのお布施の金額は、3万円から5万円が相場となります。この費用は絶対ではなく、一般的に言われている相場となります。閉眼供養を行ってはじめてお骨を移すことができるのです。最後に、お墓の撤去や解体の費用は、12万円から高いところだと40万円近くかかることがあります。